明星開発株式会社

 明星通運(株)と明星興産(株)が2002年に合併した会社で、現在は明星セメントの出資比率が約84%の会社です。
 明星通運社時代を通算すると、2013年12月に創立50周年を迎えました。

 主な作業内容は次の通りです。

1.受入・出荷設備の運転

明星開発社:鉱山と工場を結ぶベルトコンベア(通称 CBC)や地下に埋設されたベルトコンベア(通称 幹線BC)を、CRT画面にて制御しています。 セメントの原料である、石灰石、珪石を鉱業所から工場まで、受け入れているケーブルベルトコンベヤ設備(CBC)の運転やセメント、石灰石を姫川港へ出荷する業務と姫川港からは石炭等の原燃料を受け入れる業務の地下埋設式の幹線ベルトコンベヤ設備(MACH設備)の運転を、制御室で集中管理しています。



2.各種設備のメンテナンス

 セメント製造設備、受入出荷設備等のメンテナンス管理や、同設備のパトロールを行っています。

3.原燃料の供給

 明星セメント(株)の自家発電設備や同敷地内にあるサミット明星パワー(株)、糸魚川発電(株)で発生した石炭灰等を原料として供給している他、セメント焼成用や発電用に使用する石炭や産業廃棄物等を燃料として供給する業務を大型車両や大型重機を用いて行っています。




4.製品の出荷

 セメントやジオセット(固化材)を25㎏袋やフレコン容器(1t)を用いて、フォークリフトによりトラックに運搬し出荷する業務を行っています。

5.原料の採掘補助

 今井切羽にて、珪石を大型重機を用いて採掘する業務やその他プラントのパトロール、鉱業所での採掘補助業務を行っています。